亀頭や陰茎のブツブツについて | 西新宿杉江中央クリニック

新宿西口より5分 診療時間10:00~18:00

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

亀頭や陰茎の、気になるブツブツ。
実は成人男性の60%以上は、ブツブツのお悩みを抱えているといわれています。
 
ブツブツの原因は2種類あり、どちらも自然に治ることはありません。
15分ほどの治療で綺麗に除去できるので、西新宿杉江中央クリニックまでお気軽にお問い合わせください。
 

亀頭・陰茎のブツブツの原因1:「尖圭(せんけい)コンジローム」

「尖圭(せんけい)コンジローム」の場合、ブツブツが増殖するのが特徴です。
亀頭周辺を中心に、短期間で数や範囲が広がっていくようなら、尖圭コンジロームを疑ったほうが良いでしょう。
 
尖圭コンジロームは、性病の一種です。
放置していると皮膚がんにつながることもあるのでご注意ください。
 
尖圭コンジロームは、ブツブツの形状からも判断できます。ブツブツの一つひとつが大きくなったり、ブツブツの先端がギザギザしていたら、早めにブツブツ除去手術を行いましょう。
 

尖圭コンジロームの原因は?

 
尖圭コンジロームは、包茎の方に発症することの多い疾患です。
亀頭部が不衛生な状態にあることが原因の一つといわれています。
 

尖圭コンジロームの治療法は?

 
西新宿杉江中央クリニックでは、亀頭や陰茎のブツブツを電気分解により焼却します。
また皮膚の免疫力を高める薬も処方するので、外的治療と内的治療の組み合わせで、再発防止が期待できます。
 
ただ包茎のままだと、包皮の内側が不衛生なので、再発リスクは高くなります。
尖圭コンジロームの治療と共に、包茎手術も行うのが良いでしょう。
 

亀頭・陰茎のブツブツの原因2:「フォアダイス」

フォアダイスは、ただの脂腺(イボ)です。
特に治療の必要はありませんが、ネバつきや悪臭を引き起こすことがあるので注意が必要です。また見た目にも影響を及ぼすので、治療するに越したことはないでしょう。
フォアダイスの場合、亀頭のカリ首を中心に発生し、急激に増えることはありません。
 

フォアダイスの原因は?

 
フォアダイスも、尖圭コンジロームと同じように、包茎の方によく見られる症状です。
亀頭部が不衛生な状態にあることが原因の一つといわれています。
 

フォアダイスの治療法は?

 
フォアダイスも、尖圭コンジロームと同じように、電気分解で焼却治療します。
 
ただ包茎のままだと、包皮の内側が不衛生なので、再発リスクは高くなります。
フォアダイスの治療と共に、包茎手術も行うのが良いでしょう。
 
亀頭や陰茎のブツブツは、性病の一種である「尖圭コンジローム」と、単なる脂腺(イボ)である「フォアダイス」の2種類に大別されます。
 
尖圭コンジロームの方はもちろんですが、見た目や衛生の観点からも、フォアダイスの方も治療するに越したことはないでしょう。
 
西新宿杉江中央クリニックでは、ブツブツ除去の治療を約15分でおこなえます。
ブツブツは自然に治ることはありません。
きれいでスマートなペニスを、15分の施術で手に入れてください。
 
亀頭周辺部のブツブツの詳細はこちら▶

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)