仮性包茎 | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

仮性包茎


仮性包茎

仮性包茎について

仮性包茎

仮性包茎は、包茎の方の約7割といわれる程、多い包茎のタイプです。
勃起すると皮が剥けて亀頭が露出することはできるが、平常時は亀頭に皮が被ったままの状態です。
仮性包茎の症状は、普段は剥けているがときどき皮が被ってしまう軽度の症状の方から、皮が長すぎてドリルやミノムシのような状態になってしまっている重度の症状の方までさまざまです。
勃起には支障がありませんが、亀頭は普段包皮で覆われているため、刺激に弱くなりがちで性交渉では早漏の傾向があります。 皮が被っていることで亀頭が蒸れてしまい不衛生な状態になり、些細なことでもペニスが炎症を起こしやすく、性病にかかりやすい問題点がありますので注意が必要です。

仮性包茎のデメリット

洗浄しても臭いが染みついてしまい、カスが溜まりやすい

陰毛の不意な巻きこみによる激痛

性病にかかりやすい

早漏の方が多く、見た目の印象が幼い

中年期以降、包皮炎や亀頭炎が起こりやすくなる

仮性包茎手術のメリット

メリット1
手術をして亀頭が露出するようになれば、濡れ湿った不衛生な環境は改善され、臭いや汚れのない乾燥した状態になり、ペニスは衛生的になります。
メリット2
下着等に直接触れるようになった亀頭は、粘膜質から皮膚化し過敏な状態から強い亀頭になりますので、「早漏」でお悩みの方はコントロールしやすくなります。
メリット3
糖尿病や老化により性行為時に包皮が腫れたり切れたりする「包皮炎」や「包皮亀裂」を改善することができます。
メリット4
包茎ですと幼い未熟な印象を持たれがちですが、包茎手術を受けることにより亀頭が露出し大人の「男性器」になり見た目の改善につながります。

仮性包茎なら手術しなくていい??そんなことはありません!

仮性包茎の場合、「いざという時にちゃんと剥けるし、セックスもできるからいいよ」などといって、そのままにしてしまっている方が多いのが現状のようです。
確かに仮性包茎は機能的に考えると問題があるわけではありませんので、必ずしも手術をしなければならないとはいえません。

しかし、仮性包茎といえどもそのまま放っておくと、いつも亀頭は皮が被ったままの状態で保護されているので、正常な発育が阻害されたり、亀頭炎、包皮炎などさまざまな弊害を生じる可能性があります。
若い頃は免疫力も強いため、バイ菌等に感染しても炎症になる可能性は低く比較的完治も早いのですが、30歳を超える頃になると免疫力も除々に低下し、炎症がなかなか治まらない場合があります。

原因は加齢だけではなく糖尿病等の疾患が原因の場合もありますが、包茎が病気・炎症の温床になっていることは確かなようです。
ペニスの発育が阻害されると、短小や先細りの原因になってしまい、亀頭部が刺激に敏感になり早漏の原因にもなってしまいます。

さらに見た目にも、皮かぶりは、男性特有の悩みのタネになるでしょう。
何年も仮性包茎をコンプレックスに思い続けているのであれば、治療のタイミングはいくつになっても遅いということはありません。
ペニスを清潔に保ち、病気の予防・性交の充実・男の自信のため、仮性包茎の治療をお勧めいたします。 仮性包茎にお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください。

仮性包茎手術の術式

1. ベテラン美容外科専門医による手術

美容外科医歴27年のベテラン美容外科専門医が手術いたします。

多い時は一日7~8人の包茎手術を行い、延べ5万人以上の包茎を治療してまいりました。仮性包茎の方は皮が伸びきってしまい、他の種類の包茎の方と比べると皮が多く余っている方がほとんどです。あらゆるパターンの包茎に対応可能で、最適なデザインと手術を行います。

2. 術後の見た目や損傷を考慮した治療

薄い包皮剥離・皮下組織形成・狭窄解除が込み、厚く皮を剥離してしまうと剥離部分が細くなりますが、当院の包茎手術は大根の桂剥きのように皮の向こう側が透けるほど薄く剥離します。

そのため包茎手術後もサイズが変わりません。また血管や神経を温存するため損傷を最小限にしています。当院の包茎手術はすべて含めた治療になっています。

3. 小帯形成

性行為時にパートナーが見るのは勃起した裏側のことが多いと思いますが、当院では裏返してもわからないように裏筋の形成を行っています。おひとりおひとり形が違うので、より自然になるようにデザインして形成を行っています。

4. 痛みを感じさせない麻酔

西新宿杉江中央クリニック院長は形成外科医でもあり、麻酔科標榜医でもあります。

麻酔科の医師でもありますので、手術時の麻酔を最小限にして無痛に導きます(麻酔を多く使うと術後の腫れや経過が長引くことがあります)。また完全に無痛状態で眠っている間に手術が終わるリラックス麻酔は、受けられた患者様みなさまが、全く痛みもなく何時間寝てしまっていたのか分からなかったと喜ばれています。

仮性包茎手術のよくある質問

手術した方がいいですか?
臭いや衛生面、見た目等気になっている場合はお勧めいたします。 普段そんなに支障のない仮性包茎でも治療後にはみなさま大変満足されております。
亀頭を大きくすれば切らなくても大丈夫ですか?
手で剥いて皮が戻るのが遅い方は亀頭を大きくすることで、被りにくくできる場合があります。
皮が長いのですが、切りすぎることはありませんか?
きちんと勃起時に合わせ、少し余裕を持たせて切除しますので切りすぎはございません。
自然と治ることはありませんか?
伸び切ってしまった皮膚は切除するしかありません。

仮性包茎でお悩みの方へ杉江先生からのメッセージ

仮性包茎は年齢を重ねることで、免疫力や皮膚が弱くなり、包皮炎や亀頭炎が原因で中年期以降の治療希望者が増えています。

また、病気や病院管理で入浴が毎日できなくなり不衛生から痒くなったり、親の介護を目のあたりにし老後のために治療をする方も多いです。
快適に年齢を重ねるためにも、治療するなら少しでも早いうちの方がいいですね。相談・診察は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)