シニア世代のための包茎治療 | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

シニア世代のための包茎治療

シニア世代のための包茎治療 近年、50歳以上の方のご来院が増えています。男性の悩みに年齢は関係ありません。

接待ゴルフの後の温泉で見られるのが恥ずかしい・・・

若い頃は自分が仮性包茎であることはあまり気にならなかったけれど、この歳になって何だか気になるようになってしまいました。友人や取引先の方とゴルフに行く機会も増えて自分のものを見ると気になって仕方がありません。この先もしもの介護のことを考えると恥ずかしくなり、クリニックに相談することにしました。

ゴルフや裸の付き合いで立場上、包茎や大きさを気にされる方は多いです。実際当院でも40代・50代の包茎手術が年々増えております。見た目だけではなく衛生面も清潔になるので将来介護をする側にとっても助かります。治療時間は40分ほどでゴルフも通常一週間後くらいから可能です。

まだまだ現役、第二の人生も楽しみたい

この歳になると周りの自分と同じ歳の人は両極に分かれます。すっかり元気がなくなってしまう方、パワーアップしている方。60歳を過ぎてもパワーアップ出来ると知り、思い切ってED治療することを決めました。

わたしも多くの方と接し同じ年でも歳の取り方の違いに驚く事があります。やはり若い方は何かに夢中に取り組んでいらっしゃったり交際が性力的だったりされます。当院ではEDの薬(勃起薬)をはじめ性行為の為に少し硬くなる亀頭増大や陰茎増大も行っております。お気軽にご相談くださいませ。

最近、亀頭が小さくなった気がするのですが・・・

若い頃から自分は仮性包茎でしたが、性行為の時にも特に問題はなかったので、そのままにしていいたのですが、定年を迎える頃から少し気になり始めました。ペニスが縮んで皮がかぶってきたのです。見た目でも短小かなと思うくらいです。これから先のことも考えて、治療することに踏み切りました。

年齢を重ねるごとに陰茎が小さくなったというご相談をよくいただきます。実際に加齢とともに陰茎が小さくなっていくデータもあります。定年を迎え自分の好きな事に時間を使えるようになり温泉やレジャーで臆することなく過ごせるよう包茎手術や長茎術を行うのも一つの手です。二つの治療を行っても日帰りで一時間程ですのでお気軽にご相談ください。

将来の介護のために治療したほうが良いのでしょうか・・・

私はもともと仮性包茎でしたが、最近さらに皮が被ってきた気がします。友人とたまに集まった時に介護の話になり、皮が被ったペニスだと、下の世話が大変と聞きました。
そこで、今のうちに手術をするか悩んでいます。

皮が被ることで若い時はいいのですが年齢を重ねると炎症が起きやすくなり仮性包茎→カントン包茎→真性包茎になり亀頭が出ず排尿障害を起こす方もいらっしゃいます。少しでも若い方が傷は治りやすくなるので早めに治療するのもいいと思います。また包茎手術をしたことでおしっこの切れが良くなったという声も頂いております。将来の介護だけではなく日々掃除してくれる奥様の為にも治療するのもいいかと思います。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)
予約受付
9:30 – 19:00 (年末年始除く)