EDMAXとED1000の違いについて | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

西新宿杉江中央クリニックには、EDに悩む患者様がたくさんご来院されます。
患者様とのカウンセリングの中で最近よく耳にするのが、「『ED-1000』での治療も検討しているけれど『ED-MAX』との違いがよくわからない」ということです。
 
当院では「ED-MAX」による治療を行っています。「ED-MAX」は、スイスで作られた最新のED治療用機器。ED治療に使われる医療機器はいくつかありますが、その中でも「ED-MAX」はかなりの効果が期待できます。
 
どちらも低衝撃派による治療を行うものですが、では「ED-MAX」と「ED-1000」の違いはどこにあるのでしょうか?
 

 

「ED-MAX」について

「ED-MAX」は、スイスSTORZ社で作られた医療機器です。
 
低衝撃派により新しい毛細血管を生成し、勃起に必要な血流ルートを新しくつくり出すのが特徴です。
1秒間で4発の照射ができるうえ、細かな部分にもピンポイントで治療が可能。
原因に対しての根本治療を行うため、効果は1年以上続くことが期待できます。
 
治療スケジュールは、およそ6週間、計6回の施術が目安です。
 
1週に1回20分程度の治療を計6回になります。
 

「ED-1000」について

「ED-1000」は、ED用の医療機器の中でも最も早く開発されました。
EDMAXと比べると4世代前の治療器です。
製造はイスラエルですが、日本の大学での臨床試験データを元につくられています。
 
低衝撃派により新しい血流ルートをつくるのは、「ED-MAX」と同じです。
 
しかし治療スケジュールは「ED-MAX」と比較して長めで、およそ9週間、計12回の施術が目安です。
 
1週目は、週に2回の照射治療です。
2週目は、週に2回の照射治療です。
3週目は、週に2回の照射治療です。
4週目は休止期間となります。
5週目は休止期間となります。
6週目は休止期間となります。
7週目は、週に2回の照射治療です。
8週目は、週に2回の照射治療です。
9週目は、週に2回の照射治療です。
 
計12回の施術を完了しても、症状が改善する患者様は70%程度といわれています。
しかもあくまで「改善」であって、挿入が可能なほどの硬さではないことも多いのが現実です。
 
健康な患者様でも、治療後に挿入可能な硬さを手に入れられるのは60%程度。糖尿病など持病を抱えている方は、症状が「改善」するのは50%程度、挿入可能な硬さまで回復するのは20%程度といわれています。
 
西新宿杉江中央クリニックが導入しているのは、「ED-MAX」です。
「ED-1000」よりも短い治療スケジュールで、確実な効果が期待できます。
 
若年層はもちろん、中高年層の方や、体質によってED薬が服用できない方でもご安心ください。
美容外科医歴27年の院長が、カウンセリングにて患者様一人ひとりのお悩みと向き合います。
 
「ED-1000」より効果が期待できる、最新医療機器「ED-MAX」。
男性としての自信を、確実に、手軽に取り戻しましょう。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)