包茎手術について | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

「包茎なんて恥ずかしい」と、自分のペニスに自信が持てない男性は数多くいます。
しかし、包茎は決して珍しいことではなく、日本人男性の約6~7割は包茎といわれています。

 

「体質的なものだから仕方がない。手術は大げさだし・・・」
など、包茎に対する考え方は様々ですが、やはり包茎手術を受けるのが一番です。
包茎の影響は、見た目の問題だけではありません。
正常なペニスならかからないような疾患を招くこともあるので、注意すべき状態でもあります。

 

全ての男性は包茎からはじまる

包茎手術について

 

実は、包茎はすべての男性が一度は経験しています。
なぜなら、男の赤ちゃんであれば100%包茎で生まれてくるためです。
しかし思春期に入ると、体の成長と共にペニスも自然と剥けていきます。
亀頭が大きくなるぶん包皮の入り口が広がるため、徐々に根元まで剥けるようになるのです。

 

けれど、この時に「正常なペニス」を手に入れられるのは、男性の6~7割に過ぎません。「正常なペニス」とは、常に亀頭が露出した状態のことを指します。
「常に露出しているわけではないけれど手で剥けば剥けるからいいや」
と、包茎にも関わらず放置している方は数多くいるのです。

 

包茎のタイプは大きくわけて3つあります。
例えば、手で剥いてようやく亀頭が出てくる「仮性包茎」、手で剥いてもまったく亀頭が出ない「真性包茎」、締め付けがきつくて途中までしか剥けない「かんとん包茎」などが挙げられます。

 

包茎が引き起こす症状について

 

包茎のペニスは、なにかと不衛生になりがちです。
例えば、包皮の内側が蒸れるため、雑菌の温床となり垢や悪臭を招きます。
排尿の時にも尿が飛び取ったり、排尿後に包皮の内側に尿が溜まったりすることも多いでしょう。
パートナーの女性とのセックスの際には、普段皮で覆われて刺激に慣れていない分、早漏の傾向も強くなります。

 

また症状によっては、尿路感染症や亀頭包皮炎など病気の原因へとつながることもあるため注意が必要です。
特にかんとん包茎の場合には、締め付けによる痛み・変色・血流の悪化など日ごろから異変を感じることもあるでしょう。

 

日常生活の支障だけではなく、病気も招きかねない「包茎」。
見た目のコンプレックス解消はもちろん、できるだけ早めに治療するに越したことはないのです。

 
西新宿杉江中央クリニックでは、杉江院長自らが執刀し、カウンセリング、手術、アフターケアまで一貫して行います。
美容外科専門医なので、どのような包茎のタイプでも適切な対処が可能です。

 
日帰り手術なので翌日に響くことはなく、仕上がりもとても自然です。
「ずっと悩んでいた悪臭が改善された」
「女性と積極的に交際できるようになった」
「堂々と温泉に入れるようになった」
など、包茎手術を受けた患者様からはたくさんの喜びの声をいただいています。

 
ぜひ、西新宿杉江中央クリニックの包茎手術で、新しい未来を切り開いていきましょう。

 

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)