ほうけい手術について | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

包茎に悩む男性はたくさんいらっしゃいます。
包茎の種類は、大きく分けて「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3つです。
 
西新宿杉江中央クリニックでは、包茎手術を行っております。
美容外科医歴28年の豊富な経験と実績を持つ杉江院長が、どのようなタイプの包茎でも、患者様一人ひとりのペニスに合わせて丁寧に手術を致します。
 

ほうけい手術についてよくある質問

包茎手術に興味があっても、わからないことや不安なことがたくさんあるでしょう。
西新宿杉江中央クリニックでは、カウンセリングを通して患者様と向き合う中で、一人ひとりの「思い」に耳を傾けてきました。
患者様からよく頂く質問をご紹介するので、包茎のタイプに関わらず、ぜひ参考にしてください。
 

見た目が不自然にならないか

 
患者様が不安を抱くことの一つに、「余分な包皮を切除しすぎないか」ということが挙げられます。
確かに、包皮を切除するとなると手術後の外観が気になるところです。
西新宿杉江中央クリニックで包茎手術を行うのは、美容外科専門医として経験豊富な杉江院長です。
通常時はもちろん、勃起時の長さも考慮して、自然なペニスになるようデザイン致しますのでご安心ください。
 

ほうけい手術の傷跡は目立つか

 
一般的に、手術ではどうしても傷跡が残りがちです。
西新宿杉江中央クリニックでは、包茎手術の方法として「亀頭直下埋没法」を採用しています。
これは傷跡が目立ちにくい最新の手術法で、他人には分からないほど綺麗な傷跡を実現致します。
 

ほうけい手術に年齢制限はあるか

 
包茎手術に年齢制限はありません。
ペニスが成長期にある若年層の方から、介護を見据えた高年層の方まで、幅広い年齢の方が毎日ご来院されます。
特に20歳を超えていると、包茎が自然に治ることはまずありません。
包茎にはたくさんのデメリットがあるので、年齢を問わず1日も早く治療しましょう。
 

ほうけい手術に痛みはあるか

 
手術を受けるとなると、どうしても痛みが気になってしまいますよね。
ましてペニスというデリケートな部位なら、なおさらです。
西新宿杉江中央クリニックでは、麻酔をしたうえで包茎手術をおこなっています。
麻酔を注射するときも、痛みを感じにくい極細針なので安心です。
またご希望によって完全無痛麻酔もご用意できるので、お気軽にご相談ください。
 

ほうけい手術後に気を付けることはあるか

 
包茎手術は、日帰りが可能な手術です。
翌日の仕事も通常通りにおこなえますが、少しだけ気を付けて頂きたい点があります。
 
・仕事やスポーツなどで、激しく体を動かすことはお控えください
・飲酒は、術後4~5日はお控えください
・シャワーは当日から浴びる事は可能ですが、湯船での入浴は1週間ほどお控えください
・セックスやマスターベーションは、術後1か月間はお控えください
 
西新宿杉江中央クリニックでは、無料メール相談、無料カウンセリングを行っております。
ほうけいのことから手術のこと、他の治療との組み合わせなど、どのようなことでもお気軽にご相談ください。
 
ほうけい手術を受けて、見た目が良く、衛生的なペニスを手に入れましょう。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)