カントン包茎手術について | 西新宿杉江中央クリニック

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

包茎にはいくつかの種類がありますが、その中でも「痛み」が大きいのがカントン包茎です。
包皮が狭いことで、根元まで剥くことができずに、途中で輪ゴムで締め付けられるような痛みを感じる方は少なくありません。
どうにか根元まで剥いても、締め付けが痛くて居ても立ってもいられない……
ということもあるでしょう。
 
カントン包茎は、放置していると細胞が壊死しかねない、非常に危険な症状です。
西新宿杉江中央クリニックには、「カントン包茎を自力で治そうとしたけれどどうにもならなかった」という方が、手術の相談にたくさんいらっしゃいます。
 
カントン包茎を安全かつ的確に治療するためには、自力ではまず不可能です。
一時的には可能かもしれませんが、根本的な解決にはならず、すぐに元通りになってしまうでしょう。
当院は、延べ5万人以上の包茎を治療した実績を持ちます。
手術を担当するのは、美容外科医歴27年のベテラン美容外科専門医の杉江院長です。
西新宿杉江中央クリニックのカントン包茎手術で、締め付けのない快適な毎日を手に入れてください。
 

カントン包茎手術のメリット

 
カントン包茎は、締め付けによる痛みが特徴です。
日常生活での支障はもちろん、パートナーとの大事なシーンでも思うように事をすすめられないこともあるでしょう。
カントン包茎手術を受けることで、様々なメリットが出てきます。
西新宿杉江中央クリニックで、安心安全に治療をしましょう。
 
・衛生面の改善
カントン包茎手術により、亀頭が露出する正常なペニスを手に入れることができます。
包茎の時は蒸れ湿りがちだった皮の内側が、入浴の時にしっかり洗えるように悪臭やカスなど、不衛生が原因で発生する様々なデメリットが改善されることでしょう。
 
・勃起時の痛みの改善
カントン包茎の方は、勃起のときに強い締め付けを感じることがほとんどです。
そのまま放置すると、亀頭がうっ血して非常に危険です。
他にも締め付けている部分が切れやすくなったり、細胞の壊死など、リスクは多岐にわたります。
手術により「スムーズに剥ける正常なペニス」になることで、思わぬトラブルを回避できるでしょう。
 
・セックスの際のトラブル改善
カントン包茎の方は、普段は亀頭が皮の内側に埋もれているため、いざ亀頭が露出した時に刺激を感じすぎてしまう傾向があります。
もし、早漏でお悩みなら、それはカントン包茎が原因かもしれません。
また締め付けによる痛みや、不衛生なペニスが原因でパートナーに思わぬ病気を移してしまうリスクも、手術で改善できるでしょう。
 
西新宿杉江中央クリニックでは、ダメージを最小限に抑えながら丁寧に施術をすすめていきます。一人ひとりに合わせた裏筋もしっかりと形成するので、仕上がりはとても自然です。
リラックス麻酔で眠っている間に手術を行うので、痛みがご心配な方でも安心です。
 
日常生活に支障があるうえ、健康上のリスクも高いカントン包茎。
自力で治療を試みる方は少なくありませんが、改善したとしても一時的なものであり、しばらくすると元に戻る……を繰り返すことになります。
どのような小さなお悩みでも、まずは西新宿杉江中央クリニックにご相談ください。
締め付けから解放されたペニスで、快適な日常を送りましょう。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)