仮性包茎を直す方法

新宿西口より5分 診療時間10:00~18:00

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

男の下半身事情最前線レポート

包茎の方の約7割は、「仮性包茎」です。
平常時は皮をかぶっているものの、勃起には支障がないことが特徴です。
 
そのため、「仮性包茎なら別に手術しなくてもいいのでは」と放置している方が少なくありません。
確かに、いざというときにきちんと剥くことができれば、機能的には問題はないでしょう。
しかし仮性包茎をそのままにしておくと、思わぬリスクにつながることがあるので注意が必要です。
 
「仮性包茎を自力で治そうとしたけどうまくいかなくて」と、仮性包茎手術の相談に訪れる方はたくさんいます。仮性包茎は自力で完治させることが難しく、一時的に治ったとしても時間が経つと元通りになってしまい、根本的な解決には至りません。
 
仮性包茎は、見た目の問題はもちろん様々なデメリットがあります。
もしあなたが仮性包茎なら、放置せず、できるだけ早く手術をして治しましょう。
 

 

仮性包茎は様々な病気を引き起こす

 
仮性包茎は、通常時は常に皮をかぶっている状態です。
そのため皮の内側が蒸れ湿り、不衛生になりやすいという特徴があります。
 
特に中年期以降の方は要注意。些細なことでもペニスが炎症を起こしやすくなるので、亀頭炎、包皮炎、包皮亀裂の発生や、性病にかかりやすいなど、様々な病気の温床に。
 
思わぬ病気を予防するためにも、ペニスを清潔に保つことが重要です。
仮性包茎手術を受けて、皮をかぶらない衛生的なペニスを手に入れましょう。
 

仮性包茎で短小・先細りになる

 
もしあなたのペニスが成長期なら、一刻も早く手術をしましょう。
皮をかぶったままだと、ペニスの発育が阻害されてしまいます。
成長期を終えるころには、「短小」「先細り」のペニスが完成していることでしょう。
 

仮性包茎で早漏になる

 

仮性包茎は、亀頭が皮の内側に埋もれている状態です。
正常なペニスなら、亀頭が下着などに常に触れているため、刺激に慣れていることがほとんど。
セックスのときでも敏感になりすぎず、パートナーとの行為を長い時間楽しめるでしょう。
しかし仮性包茎だと、亀頭が日常での刺激に慣れていません。露出した亀頭が刺激に敏感になりすぎてしまい、早漏で終わってしまうのです。

西新宿杉江中央クリニックで施術を担当するのは、美容外科医歴27年のベテラン美容外科専門医の杉江院長です。
豊富な症例を元に、あらゆるタイプの包茎に対して的確に対応していきます。

ダメージを最小限に抑えながら施術をすすめるため、術後の仕上がりはとても自然です。
一人ひとりのペニスの形に合わせて裏筋も生成いたします。

麻酔を使うので、手術は眠っている間に完了します。
まったく痛みがないうえ、術後もそのまま帰宅いただけるのでお仕事帰りの方にも人気です。

仮性包茎は、「いざというときに支障はないから」と放置されがちです。
しかし見た目の幼さはもちろん、病気や早漏、短小・先細りなど様々なリスクを伴います。

自力で改善を試みる方もいらっしゃいますが、根本的な解決には至らず、時間が経てば元通りになってしまうことがほとんどです。
仮性包茎を改善するなら、西新宿杉江中央クリニックにお気軽にご相談ください。

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)