ほのぼの雑記  ~健康診断編~ | 西新宿杉江中央クリニック

新宿西口より5分 診療時間10:00~18:00

03-5338-5515

カウンセリング予約 メール相談

NEWSほのぼの雑記  ~健康診断編~

皆様こんにちは( ´ ▽ ` )

 

急に冷え込んで来ましたね。

 

今年も早くもあと少しで終わり。。。

 

この一年コロナに振り回さた感はありつつも、

 

なんとか元気に過ごすことが出来ました。

 

皆様もあと少し健康に気を付けて良い年を迎えてくださいませ。

 

さて、私事ですが、

 

今年の締めとして先ほど健康診断に行ってきました。

診てもらう側になると、普段も素直ですが、わたしは更にちょー素直になります。

 

相手は検診のプロなんだから、お任せすれば無事に済むと分かってるからです。

 

胃カメラのコツも「あらがっちゃ」駄目です。

 

目をうつろにし、よだれを垂れ流し全身の力を抜いてされるがままにするのが一番!

 

それでも。。結構疲れるものですよね。

 

健康診断も無事に終わり「ふと」思ったことがあります。

 

女性の検査は「もっと大変なんだよな~」です。

 

女性は乳がん検査で、おっぱいをせんべいの様につぶされたり、

 

子宮頸がん検診で、棒を突っ込まれたり、がりがりされるそうです。。。

特に子宮頸がんの原因は男にあるのに、

↓参照データ

男性の包皮環状切除,陰茎ヒトパピローマウイルス感染と女性パートナーにおける子宮頸癌 | 日本語アブストラクト | The New England Journal of Medicine(日本国内版) (nejm.jp)

 

男側もワクチンを受けたり陰茎の検査がないのは変だな思いました。

 

実際に包茎治療に相談に来た患者様で、

 

陰茎がんだったり、梅毒が進んでいたり、

 

コンジロームが酷く調べたら免疫力が著しく落ちていたり、

 

ED治療で睾丸の縮小があったりと、

 

色々「命に係わる事」を院長が診察で発見することもあります。

 

陰部の「陰」のイメージがあり結構大変な状態になっているのに、

 

なかなか病院に行かずに放置する傾向があります。

 

男は「ぽこちん」や「ちんぽこ」と、

 

ちょっとした面白い大切な付属品としか考えていない方が大半ですが、

 

その「ぽこちん」で命を落としたり、大切な人の命を奪ったりもすることがありますので、

 

健康診断で男性の陰茎や睾丸も検査すればいいのにと「ふと」思いました。

 

確かに少し恥ずかしい気持ちは分かりますが、

 

医療側の人間からすると、

 

「異常がないか、治療する必要はあるのか、治療は出来るか」と鼻や目や耳や手や足と同じで、

 

人間の男なら誰でもある器官で、通常の判断基準を元に比較してみてるだけです。

 

保険診療で予約制にして陰部の健康診断を受け付けてるクリニックも少しはあるみたいですが、

 

健康診断項目に無く、其処の部分だけ自己責任でっていうのが変な健康管理ですよね。

 

 

健康を診るなら全部診ましょうよ!と「ふと」思いました。。

 

西新宿杉江中央クリニック

 

 

p.s.

 

この仕事をしていて、

 

メールや電話で「包茎は治した方がいいですか」という質問を多くいただきます。

 

結論は「男の包茎は治しておいたほうがいい」です。

 

包茎を治すことで、衛生面や健康面や子宮頸がんを予防出来たり様々なメリットがあります。

 

また将来「人は必ず人の世話になります」。。

 

ひと手間、たったひと手間ですが、、毎日、何回ものことです。

 

家族やお世話してくれる他人が、

 

少しでも楽に出来るように、

 

炎症とか起きて迷惑かけないように、

 

男として「皮を剥く」のも一つだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

  • JR新宿駅西口より徒歩5分
  • 西武新宿駅より徒歩4分
住所
160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
電話番号
0120-106-645
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)(休診日:不定休)